2020年4月1日に改正!
人事・労務Aさん

労基法への対応など複雑で正確さが求められる一方、従業員からのお問い合わせ対応に追われていませんか?

LOOGUE FAQなら
従業員からの問い合わせに対応した

だから、「よくある」従業員問い合わせを削減!

詳しく見る

LOOGUE FAQのご紹介

無料デモ体験はこちら
*

人事・労務のAさんの年間の
作業スケジュールイメージ

問い合わせ

退職・異動に関する手続きや
各種申請等の問い合わせを削減

従業員にとって、退職や異動は滅多に発生するものではありません。そのため分からないことが多く、どうしても問い合わせが発生してしまいがちです。
しかし、人事・労務部にとって退職や異動は毎月のように発生する業務であり、手続き内容や問い合わせに対する回答も、ほとんどが定型化されているものばかりです。
この定型化された問いと回答をLOOGUE FAQに取り込めば、それだけで従業員からの問い合わせ対応が可能となります。

スポット業務

年末調整などの
社内スポット業務の負担軽減

毎年、12月末に行われる年末調整。基本的に全従業員が対象となるので、人事・労務部門にとっては一大イベントです。
各種保険控除、住宅ローン控除、扶養控除など、それぞれのライフスタイルの変化に応じて提出する書類が異なるので、毎年のことでありながら人事・労務部門には数多くの質問が寄せられます。
年末調整に関する質問の回答は、毎年同じ質問であるケースが多いため、LOOGUE FAQに質問と回答を取り込む事で自動対応が可能になり、労務担当者は書類の作成や所得税の計算など人でなくてはならない作業に専念する事ができます。

労働基準法

適切な36協定健康診断
情報提供で従業員の健康を維持

事業者は、労働安全衛生法第66条に基づき、労働者に対して医師による健康診断を実施しなければなりませんが、LOOGUE FAQに診断日時、診断場所、日程変更の手続き方法などの情報を予め登録しておくことにより、同じ質問に何度も応える必要はありません。
また、2020年4月より施行される改正労働基準法でも、36協定で定められる時間外労働に罰則付きの上限が設けられましたが、残業時間の上限や、休日出勤と代休の取決めなどをLOOGUE FAQで共有できれば、長時間労働是正に対する意識の浸透に役立てることができます。

LOOGUE FAQの
詳しい製品資料はこちら

LOOGUE FAQを活用するための基本的な考え方などをご紹介します!

製品資料

他にもこんなお悩みありませんか?